スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Order

Kiddy Toneの今後について書きます。

ドラムが見つからないので、
メンバー探しと並行しつつ、
hrの個人プロジェクト「やぎ座中継局」をスタートすることにしました。

こちらはロックではなく、打ち込みの音楽です。
ジャンルは……大雑把に電子音楽でしょうか。

おそらく今後の活動は、こちらがメインとなってくることでしょう。
バンドは頭数が揃わないとできないので、致し方ありません。

New OrderではTURN MY WAYが一番好きです。
スポンサーサイト

theme : 音楽
genre : 音楽

tag : blog Kiddy Tone パソコン

リズム&ポリス

28日のスタジオを最後に、
サポートドラムをやってくれていた方が抜けました。
今までありがとう、物凄く助かりました。

偶然ですが、前回のエントリと被る内容ですね。
何ともはや。

彼は音楽活動自体を休止するとのこと。
その話自体は、先週の半ばくらいに聞きました。
終わりというのは、いつ告げられても唐突に感じます。

自分の場合、休止はないものの、色々思うところがあり、
どうしたものか考えています。

埼玉県にお住まいのドラマーさんがいましたら、
プロフィールのアドレスからご一報下さい。

*コメントだと気づくのに時間がかかる場合があります。

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

tag : Kiddy Tone スタジオ

デッドストック

不定期更新のこのページですが、今日はスペシャル特大版!
2日分に分けて書かないため、長いです。


パソコンのファイルを整理していたら、
いつ録音したのか分からない曲のデモが出てきました。

まったりしたロックで、なかなかにいい曲なんですが、
今のところバンドでやる予定はありません。
ある程度形が出来て、よしこれは使おう!
あるいは取っておこう、という曲なら覚えているもんです。

ボツなら録音自体しませんし、いや~珍しい。

バンドでやろうと決めないと、普段は使う側の曲だろうと、
デモすら録音しません。

デモというか、曲の原型なので、
ギターとハミングの鼻歌しか入ってないんですけども、
大体バンドメンバーに渡す音源は、この形式ですね。

ないとは思いますが、もし万が一、聞きたい!という人がいたら
アップロードしようかと思います。
(それよりバンドでやっている、ちゃんとした曲を出すべきじゃない?)


話は変わって、変更を加えたため未完成に逆戻りした曲が
ようやく完成しそうです。
ちまちまとギターを弾いて、適当にコードを拾って、構成をチェック。
前のバージョンより、ぐっと良くなってます。

準シングル級かと。(似たようなこと前も書いた?)
歌詞はまだ出来てませんので、あしからず。。。


もう少しだけ。
もう3年くらい前に一度だけライブを見て、いいなあと思っていた
インディーズ・ロックバンド「GIBOAMP!」が、昨年解散していたことを知りました。
当時音源がまだ出ていなくて、出たら欲しいと思っていたまま
すっかり忘れてました。

その日のライブには、セカンドアルバムが2万枚以上の
セールスを弾き出している人気バンド「凛として時雨

またインディーズ時代にアジカン後藤氏の日記で「いいね」と触れられ、
(しかし別に事務所とかの繋がりはない)
今年メジャーデビューした素敵エモバンド「Veltpunch

の2組も出演していました。

3年前の自分にとって、どのバンドも初めてのライブでしたが、
GIBOAMP!も上記二組と同じクオリティがあって、
将来いいとこまでいくかも、と思いながらステージを見ていました。

ふと思い出してグーグルで検索してみたところ、
当時はあったGIBOAMP!のHPがない……。
悲しいかな、全てのインディーズバンドは諸行無常の響きなのです。

ロック自体、そういうサウンドのように思いますし、
だからこそ、その一瞬が美しいのかもしれない、とも思います。
なんだか切ないですね。

あれ、少しだけにするつもりが、少しどころじゃないぞ?

♪あー 僕らの未来を 見さして 見さしてくれ
(「TK in the 夕景」 by 凛として時雨
ってことで。


hr

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

tag : demo パソコン インディーズ 凛として時雨 Veltpunch GIBOAMP! アジカン グーグル

This is New Shit

雨降りの中、スタジオに入ってきました。
少し前からやっている新曲2つのサビを、両方とも変更したため、
それの調整です。

片方はまだアウトロが完成していません。
歌詞も中途半端に出来ている状況。

2つを平行して作っていたため、
進み具合がゆっくりしていってね!!!状態に。

どちらも以前より、ぐっといい曲になったと思います。素晴らしい。


以下まったく関係ない話。

京極夏彦「魍魎の匣」がアニメ化されていて(映画化もされましたね)
現在放映中。これを見ています。
CLAMPがキャラクター原案をやっているそうですが、
原作とイメージが違いすぎて、最早別物。
おっさん描くのが苦手なのかな……。
ストーリー自体は今のところ忠実に再現されている模様。
悪くないんですが、なんだか惜しいです。

その前は「ワンナウツ」という、ライアーゲームを書いてる人の漫画が
アニメでやっていて、これも期待通り面白いです。


hr

tag : スタジオ 魍魎の匣 ワンナウツ アニメ CLAMP

STOP THE CLOCKS

ツーマンライブから2週間が過ぎようとしています。
個々の都合があり、次のスタジオ入りは再来週の予定。

以前出した曲のサビが気に入らず、
黙々と手直ししては破棄する日々。
*まだ、ライブでお披露目していない曲です。

Kiddy Toneは他と比べ、動きが緩やかです。
生き急いでいないというか。
やっている音はロックに分類されると思うんですが、
そういうスタンスがサウンドにも現れているような。

駆け抜けるようなものより、
歩くようなテンポの曲が多い気がします。


oasisの新譜の出来はどうなのかな~。


hr

theme : バンド活動♪
genre : 音楽

tag : Kiddy Tone ライブ スタジオ

プロフィール

webmaster2008

Author:webmaster2008
サポートBass、サポートDrを迎え、現在3人体勢で活動中のバンド「Kiddy Tone」に関する情報をお届けします。メールはこちらまで。「xon■csc.jp」(四角を@に変えてね)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。